夢を書き出してみる

夢と言っても“将来の夢”のようなカッコいい夢でなく、
夜見るアノ夢のことである。
夢の効用はいろいろあるようなことを聞く。
脳が働いているのだから、確かに何か意味がありそうだ。

何か起きるかもと思って、見た夢を記録することにした。
ただ難点がある。
・ちょっと時間を置くとすぐ消えちゃう
・いろいろ見た日はまとめにくい
・早く目が覚めた時、時間はあるのに二度寝しにくい

それでも2週間ほど続けている。
起きた瞬間に忘れてしまったり、
書き起こせないものを除くと5割ほどだ。
実際はほぼ毎日見ていると思う。
残念ながら会社が大きくなる夢は見ていない。
一方で、幸いにも行き詰った夢にも未だ遭遇していない。

今のところメリットは何も無いが、デメリットも感じない。
だけど、見るばかりで叶わないのも寂しい。
また、正夢が出てきたら怖いかも。
最近は、寝る時のちょっとした楽しみでもある。

「ちょっと待て、今の話は、夢だっけ」

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック