知財って何だろう

せっかく出したアイデアを形として残すべく、
当社では特許化を進めている。
従って特許取得のための出願でないので、
認められるかどうかにはあまりこだわらない。
もちろん認められるに越したことはないが。

そんな感じで積み重ねて4件の出願実績。
拒絶されたものもあるが、
中にはまだ審査に引っ掛かっているのもある。
審査してくれるのは良いが基準がよく分からない。
「自然法則を利用した技術的思想の創作」が前提らしい。

過去の特許事例をいくつか見たが、
およそ自然法則を利用して…とは思えないものが多い。
結局なんだかよく分からない。
更にビジネスモデル特許となると、
そんな定義に当てはめようがなさそうにも感じる。

言わずもがなではあるが、ビジネスの最前線では、
ちょっとしたアイデアや工夫が大きな結果を生んだりする。
こうしたアイデアを守ることがむしろ必要ではないか。
それは特許でも実用新案でもないかも知れないが、
何らかのパテント種別が有っても良さそうだ。

「守ってよ、無い知恵絞った、アイデアを」

この記事へのコメント