どの空間でお金を使うか

我々は生活空間でお金を使っている。
生活空間と言ってもいろいろな種類があり、
スポーツ、学習、ゲームなどなど様々。
それぞれが専用の特殊な空間と見ても良さそうだ。
それぞれの空間に居る時間に比例する感じで、
多寡の差はあれ、そこでお金を使っている。

少し前(と言っても数十年前)から、
サイバー空間なる空間が加わってきた。
サイバー空間にもやはりいろいろな種類があり、
ネットショップ、対戦ゲーム、YouTubeなど様々だ。
これらもやはりサイバー空間のサブ空間であり、
買い物やゲーム武器の購入や投げ銭やらでお金を使っている。

そのサイバー空間に今度はメタバースなる空間が現れた。
以前からセカンドライフでその存在を知っていたが、
今度は大々的な本物のサービスになりそうだ。
サイバー空間のサブ空間と言うより、
第二のサイバー空間と見ても良さそうだ。

しかもこのメタバース空間では、
普通の生活空間のパラレルワールドのように、
本当のビジネスができる前提のようだ。
然るにこの空間に滞在する時間こそ、
間違いなくその時間に比例してお金を使うことになりそうだ。
長く滞在すれば、その分使うお金が増えるということだ。

いやはや、空間がいくつもできる世界では、
お金の使い方もよくよく注意しなければなるまい。
場合によっては、死後の世界(空間)でもお金を使わにゃいかんかも。

「この世には、空間多数、今どこだ?」

この記事へのコメント