五千円をしのばせて

最近の若者は現金を持ち歩かない人が多いそうだ。
クレジットや電子マネーでことが足りるからだ。
確かに私の財布の中の現金も、ほとんど変化がない。
現金を使う機会がめっきり減り、
ピッとかシャリーンで簡単に支払える。

ただ、もし万一使えなかったらと心配性の私、
現金は念のため持ち歩いている。
停電になっても電子マネーなどが使えるらしいが、
全部が全部そうではないだろうから。
近所での買い物でも、五千円1枚をポケットにしのばせている。

この便利な電子マネーだが、
小さなお店にとっては死活問題だ。
何とかペイやら電子マネーやらクレジットやらに、
対応できる店ばかりではないだろう。
現金を持たない人が増えると商売が成り立たない。

そういう意味では、現金は少しでも持ち歩くのは、
小規模商店へのエチケットや支援的な意味もありそうだ。
手持ちの現金が減ることで、お金を使っている感も沸くし、
ちょっとした暗算訓練にもなろうかと。

ピッとやって現金は減らなくても、
口座の現金はしっかり減っているのをお忘れなきよう。

「電子マネー、福澤さんの、役目無し」

この記事へのコメント