もっと強いメッセージを

この場はあまり政治話題を取り上げる場所ではないが、
どうしても黙っていられないこともある。
ロシアによる核使用が取り沙汰されていることだ。
こんなことが許されるはずはないが、
現実味を帯びているという。

本来核保有は戦争抑止のためと言われているが、
身勝手な輩が当事者になり核の使用をちらつかせれば、
相手は手を出せなくなるという現実が明らかになった。
すなわち、核を保有することが傍若無人を可能にするという、
不都合な事実が今回明らかになった。

こんな状況に世界中が無力感を感じている。
だからと言って手をこまねいていては困る。
日本は唯一の被爆経験国である。
この日本の最大の情報発信者は総理大臣、
この人が強いメッセージで批判する義務がある。
気持ちを込めた最も強いメッセージが今こそ必要である。

アナウンス的にただ述べるのではなく、
強い口調で感情をむき出しにして堂々と批判して欲しい。
気持ちがこもるかどうかは相手に伝える大きな要素、
傍観する国々の共感をも得られようというものだ。
魂を込めた強いメッセージが必要だ。
我が国にはそういうことを言える立場にあるはずだ。

「今だから、心の叫びを、堂々と」

この記事へのコメント